書籍化作品情報

書籍化作品第4弾 謳えカナリア

ミライショウセツ大賞発の書籍化第4弾作品『謳えカナリア』が、B6判で8月29日に発売予定!

canaria_cover

著:諸口正巳/イラスト:THORES柴本

■著者:諸口正巳(モロクっち)さんpixivプロフィール

 

【ストーリーイントロダクション】
真鍮糸雀【カナリア】となった少女が唄うのは、恋の歌か破滅の歌か――。

事故死した女子高生マツリは、歌う人形・真鍮糸雀【カナリア】として異世界に転生した。マエストロが手がけた真鍮と鉄の体を与えられ、調律師【チューナー】によって仕込まれた、極上の歌を唄う人形・真鍮糸雀。鳥かごのようなドームに覆われ、灰と煤が降る色彩を失くした世界の人々にとって、真鍮糸雀の美しく色鮮やかな歌は生きる喜びそのものだった。マツリはその中でも優れた真鍮糸雀として、調律師アイレンベルグに教育を受けることになる。そしてマツリはアイレンベルグに惹かれてゆくのだが――。

■作者:諸口正巳さんのコメント
わたしが好きなものを好きなだけ詰め込んだ玩具箱のような作品でした。それを編集者様に『面白い』と評価していただけたのは、物書きとして光栄なことです。読者の皆様にも楽しんでもらえたら、もっと光栄です。よろしくお願いします。

■選評
どこか退廃的で美しい世界観が魅力的です。死んだ魂が異世界で” 真鍮糸雀(カナリア)”と呼ばれる人形に生まれ変わる。その歌声には不思議な力が宿っており……。決して綺麗事だけで終わらせていない、どこか歪で壊れたキャラクター、ストーリーが読み応え満点です。
(文芸部 部長 河西 恵子)

■購入はコチラから

Canary_cover-cs5

2015年8月29日発売
定価:本体1200円+税

ebten_button

amazon_button