書籍化作品情報

書籍化作品第8弾 アルカナ・ナラティブ

ミライショウセツ大賞発の書籍化第8弾作品『アルカナ・ナラティブ』が、ファミ通文庫より発売!

 arcana_official

 

【ストーリーイントロダクション】
心に疵を抱えし子供達【アルカナ使い】は、救いの光を見つけ出す――。

かつて天才詐欺師だった少年、翔馬。過去を悔いる彼は嘘を封印し、これから始まる”普通”の高校生活に思いを馳せていた。ところが入学初日、額に【I】の痣が浮かび、他者に自分の姿を偽って見せる能力が発現してしまう。同じように【II】の痣を持つ少女氷華梨と出会った翔馬は、この学校に『アルカナ使い』と呼ばれる能力者達がいる事を知り、さらに学内で巻き起こる様々な諍いへと巻き込まれてしまう――!? 過去に囚われた子供達の贖罪と救済の物語。

 

著:射当ユウキ/イラスト:シイ

 

■著者:射当ユウキさんpixivプロフィール
■イラスト:シイさんpixivプロフィール

 

■作者:射当ユウキさんのコメント

本作はタロットカードがモチーフのいわゆる学園異能物です。ただし火炎や雷撃が飛び交ったり、空間を操る能力者とかはないです。小説という媒体の得意分野であるキャラクターの心を掘り深めることに特化しています。悩める少年少女の普通ではない高校生活をお楽しみください。

 

■選評

タロットのアルカナにまつわる異能を得た高校生たちが織り成す群像劇。主人公をはじめ異能を持ちはしたものの、それぞれが抱える心の疵ゆえに藻掻き奔走するキャラクター達が瑞々しく描かれていました。過去に大きな罪を犯してしまった主人公も魅力的で、彼ら『アルカナ使い』の行きつく先に何が待っているのか、今後の展開にも大いに期待したい作品です。
(ファミ通文庫編集部 編集長 川﨑拓也)

 

 

■購入はコチラから

2016年1月30日発売

定価:本体650円+税

ebten_button

amazon_button